眼の神殿 : 「美術」受容史ノート : 定本

北澤憲昭 著

高橋由一の「螺旋展画閣」。その形象をなぞるようにして、「美術」概念の受容にまつわる思考が結晶化してゆく。制度‐施設史を主柱として、さまざまな次元にわたる明治期の史料がいっせいにざわめきたつライヴ感に充ちた歴史叙述。第12回サントリー学芸賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 状況から明治へ
  • 第1章 「螺旋展画閣」構想(洋画史の舞台-高橋由一の画業=事業
  • 快楽の園の螺旋建築-「螺旋展画閣」構想
  • 水と火の江戸-建設地について
  • 武家の美術-江戸的なものと近代
  • 螺旋建築の系譜-影響源(1)
  • 未遂の博覧会計画-影響源(2)
  • 時代の孕むちから-幕末明初の文化的混乱
  • 二人のF-「螺旋展画閣」構想の背景(1)
  • 明治一四年の意味-「螺旋展画閣」構想の背景(2)
  • 反近代=反芸術-美術という制度)
  • 第2章 「美術」の起源(文明開化の装置-博物館の起源
  • 美術への胎動-博覧会の創始
  • 「美術」の起源-翻訳語「美術」の誕生
  • 「芸術」と「美術」-博物館の分類
  • 眼のちから-内国勧業博覧会の創設
  • すべてであろうとする「美術」-「美術」概念の限定
  • 美術の揺籃-内国勧業博覧会と「美術」)
  • 第3章 「美術」の制度化(建築=制度への意志-明治一四年の由一(一)
  • 天の絵画-明治一四年の由一(二)
  • "つくる"論理-『美術真説』のフェノロサ
  • 統合と鈍化-「日本画」の創出と「絵画」の鈍化
  • 美術という神殿-「美術」をめぐる諸制度と国家の機軸
  • パンドラの匣-空虚という名の希望)
  • 終章 美術の終焉と再生-日本語「美術」の現実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眼の神殿 : 「美術」受容史ノート : 定本
著作者等 北沢 憲昭
書名ヨミ メ ノ シンデン : ビジュツ ジュヨウシ ノート : テイホン
書名別名 Me no shinden
出版元 ブリュッケ : 星雲社
刊行年月 2010.2
ページ数 393p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-434-14170-6
NCID BB01155579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21722017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想