北一輝論

松本清張 著

北一輝は1883年、新潟県佐渡島に生まれ、2・26事件に連座して1937年、処刑された。外見的には社会主義者として出発し、国家主義を掲げて非業の最期を遂げた異色の思想家として語られるが、その思想の実体についてはなお多くの論議を呼んでいる。『昭和史発掘』を通じて2・26事件の全体像を精密に描き出した著者が、ヤヌスのような「革命家」の肖像を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 北一輝解釈と時代背景
  • 2 「国体論」の粉本
  • 3 史的「乱臣賊子」論
  • 4 明治天皇と天智天皇
  • 5 「改造法案」の自注
  • 6 その行動軌跡の示すもの
  • 7 北一輝と西田税
  • 8 決行前後
  • 9 断罪の論理
  • 対談 ある国家主義者の原像(久野収・松本清張)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北一輝論
著作者等 松本 清張
書名ヨミ キタ イッキ ロン
シリーズ名 ちくま文庫 ま35-6
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.2
ページ数 411p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42682-6
NCID BB01125476
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21733202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想