現代の比較福祉国家論 : 東アジア発の新しい理論構築に向けて

金成垣 編著

「武川‐田多論争」=日韓比較の方法論争をベースにヨーロッパ発の福祉国家論についての理論的検討、さらに日韓福祉国家の現状分析を行うとともに、新しい東アジア福祉国家論への展開を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 比較福祉国家研究の10年
  • 第1部 日韓比較の方法論争(韓国の福祉国家形成と福祉国家の国際比較-新しい「3つの世界」論
  • 日本の福祉国家化と韓国の福祉国家化-新しい「3つの世界」論の根拠について ほか)
  • 第2部 論争の意義と新しい視座(日本の社会政策論からみる武川説・田多説
  • 武川正吾の新しい「3つの世界」論-その意味と可能性 ほか)
  • 第3部 比較のなかの日韓福祉国家(日本における福祉国家の成立とその展開-世界史的文脈に即して
  • 日本における福祉国家の変容-第1ステージから第2ステージへ ほか)
  • 第4部 東アジア福祉国家論への新展開(福祉国家の形成・類型・国際環境-田多と武川の所論に寄せて
  • 日韓比較論争と東アジアの比較福祉国家研究への拡張-いくつかの論点の提示 ほか)
  • 比較福祉国家研究のセカンド・ステージに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の比較福祉国家論 : 東アジア発の新しい理論構築に向けて
著作者等 金 成垣
書名ヨミ ゲンダイ ノ ヒカク フクシ コッカ ロン : ヒガシアジア ハツ ノ アタラシイ リロン コウチク ニ ムケテ
シリーズ名 シリーズ・現代の福祉国家 第6巻
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.2
ページ数 544p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05583-8
NCID BB01094703
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21719659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
OECD国際比較調査が日本と韓国に示すもの 埋橋孝文
「武川-田多論争」の位置づけとその含意 金 成垣
圧縮的な家族変化への適応戦略 相馬直子
在日東アジア出身研究者の「東アジア研究」 株本千鶴
地域研究と福祉国家論 株本千鶴
後発福祉国家としての韓国 金 成垣
方法としての東アジア 武川正吾
日本における福祉国家の変容 田多英範
日本の福祉国家化と韓国の福祉国家化 田多英範
日本の福祉関連用語とその用法 倉持史朗, 埋橋孝文
日韓の社会保障政策研究における比較研究の意義と方法 鄭在哲
日韓比較の方法論争 韓国の福祉国家形成と福祉国家の国際比較 武川正吾
日韓比較をとおしてみた福祉国家論 武川正吾
日韓比較論争と東アジアの比較福祉国家研究への拡張 金淵明
東アジア福祉レジーム論の新しいパラダイムを求めて 鄭武權
東アジア福祉レジーム論の理論的・実践的課題 崔榮駿
東アジア福祉国家論の課題 田多英範
東アジア福祉国家論への新展開 福祉国家の形成・類型・国際環境 宮本太郎
欧米の福祉国家論と「武川-田多論争」の論点 文振榮
武川正吾の新しい「3つの世界」論 李恵ギョン
比較のなかの日韓福祉国家 日本における福祉国家の成立とその展開 岡本英男
比較福祉国家研究の10年 金 成垣
比較福祉国家研究のセカンド・ステージに向けて 金 成垣
福祉レジーム論争と韓国の位置づけに関する新しい眺望 尹洪植
福祉国家の成立をいかに捉えるか 田多英範
福祉国家形成の期間説と東アジア比較の可能性 李蓮花
論争の意義と新しい視座 日本の社会政策論からみる武川説・田多説 玉井金五
韓国における福祉国家の成長原因,政治か経済か 安祥薫, 白承浩
韓国における福祉国家研究の再考 崔恩鈴
韓国の福祉関連用語とその用法 南燦燮
韓国の経験をとおしてみた東アジア生産主義福祉資本主義論の意味と限界 金淵明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想