家族社会学を学ぶ人のために

井上眞理子 編

家族に対して付与されてきた虚像、根拠のない「思い込み」に気づき、変化し多様化する家族を、「病理的形態」ではなく「問題解決」に取り組む「開かれたシステム」として考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-「家族とは〜である」なんてきめつけられない
  • 2 変化する家族(住まいから見る日本型近代家族論
  • 家族の比較文化論
  • 家族の人口学)
  • 3 多様化する家族(法律婚と事実婚
  • 国際結婚
  • 高齢者家族
  • 同性婚・パートナーシップ制度)
  • 4 問題解決する家族(ファミリー・バイオレンス
  • 少年非行と家族
  • 親密な関係性における葛藤と暴力-問題解決にむけた新しい臨床論
  • 教育と家族-日本における一九九〇年代を焦点にして)
  • 5 家族と外部社会(家族とコミュニティ
  • 家族と国家政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族社会学を学ぶ人のために
著作者等 井上 真理子
井上 眞理子
書名ヨミ カゾク シャカイガク オ マナブ ヒト ノ タメニ
出版元 世界思想社
刊行年月 2010.2
ページ数 308p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1452-1
NCID BB0108373X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21747878
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想