15歳の東京大空襲

半藤一利 著

昭和十六年、東京下町の向島。いまや少年少女も戦士となり、すべてが戦争にくみこまれる激動の日々が幕をあけた。本書は、戦時下に必死に生きた一少年が、何を考え、喜び、悲しみ、どう生きぬいたかの物語である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 真珠湾攻撃と日本人-昭和十六年
  • 第1章 悪ガキと忠君愛国-昭和十七年
  • 第2章 軍国訓練と中学生-昭和十八年
  • 第3章 鬼畜米英と防空壕-昭和十九年
  • 第4章 「盲爆」と本土決戦-昭和二十年(1)
  • 第5章 三月十日と焼死者-昭和二十年(2)
  • エピローグ 天皇放送と煙草一本-昭和二十年(3)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 15歳の東京大空襲
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ 15サイ ノ トウキョウ ダイクウシュウ
シリーズ名 ちくまプリマー新書 129
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.2
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68832-3
NCID BB01080877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21726931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想