痛みと鎮痛の基礎知識  下(臨床編) (さまざまな痛みと治療法)

小山なつ 著

痛みの歴史はまさに鎮痛の歴史でもある。痛みのほとんどは、組織損傷や発痛物質などが侵害受容器を活性化することによって起こるものだが、侵害受容器が関与しない神経因性疼痛や心理的要因で引き起こされる痛みもある。さまざまな痛みの症例や原因をみていくとともに、麻酔薬や鎮痛薬の発展の歴史、現代の痛みの治療法についても解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 さまざまな痛み(いわゆる心因性疼痛
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 口腔顔面痛
  • 首や肩の痛み
  • 腰下肢痛
  • 関節リウマチ
  • 内臓の痛み、内臓に原因がある痛み
  • 血流障害による痛み
  • 神経因性疼痛
  • 複合性局所疼痛症候群
  • がんによる痛み)
  • 第5章 麻酔薬と鎮痛薬(麻酔薬
  • 鎮痛薬
  • チャネルが関連する薬
  • 受容体が関連する薬物
  • 頭痛薬
  • プラセボ)
  • 第6章 現代の痛みの治療(ペインクリニック
  • 神経ブロック療法
  • 刺激鎮痛法
  • 手術療法
  • 鍼灸治療
  • 運動療法
  • 心理療法
  • がんの痛みの緩和)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痛みと鎮痛の基礎知識
著作者等 小山 なつ
書名ヨミ イタミ ト チンツウ ノ キソ チシキ
書名別名 さまざまな痛みと治療法
シリーズ名 知りたい!サイエンス
巻冊次 下(臨床編) (さまざまな痛みと治療法)
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.3
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4158-9
NCID BB0107679X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21714110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想