痛みと鎮痛の基礎知識  上(基礎編) (脳は身体の警告信号をどう発信するのか)

小山なつ 著

痛みとはなんだろうか。単に身体の異常を感知する感覚というだけではなく、不快な情動を伴うことによって、警告信号を発信する重要な役割を果す。一方、身体の異常がないのに、慢性的に続く痛みもある。痛みを抑える治療は古代から試みられ、発展してきた。そして現在、神経科学や分子生物学などの進歩により痛みそのものについての理解も深まってきている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 痛みは警告信号?(ホメオスタシスとストレス
  • 侵害受容と防御反射
  • 痛みの学習と無痛症
  • 痛みは感覚?
  • 痛みは情動?
  • 急性痛と慢性痛
  • 痛みの定義)
  • 第2章 痛みのメカニズム(神経における情報伝達機構
  • 痛みを伝える情報伝達機構
  • 関連痛
  • 痛みの異常のメカニズム
  • 内因性疼痛抑制系)
  • 第3章 痛みに関連する物質と受容体(イオンチャネル型受容体と代謝型受容体
  • 発痛物質と炎症メディエーター
  • カプサイシンと温度受容体
  • 神経成長因子と侵害受容ニューロン
  • 神経伝達物質と受容体
  • ニューロペプチド
  • 内因性オピオイドペプチドとオピオイド受容体)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痛みと鎮痛の基礎知識
著作者等 小山 なつ
書名ヨミ イタミ ト チンツウ ノ キソ チシキ
書名別名 脳は身体の警告信号をどう発信するのか
シリーズ名 知りたい!サイエンス
巻冊次 上(基礎編) (脳は身体の警告信号をどう発信するのか)
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.3
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4157-2
NCID BB01076574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21714109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想