概念としての家族 : 家族社会学のニッチと構築主義

木戸功 著

制度としての「家族」に回収しきれない、人々の家族をめぐる経験。そうした個人的で、そしておそらく瑣末で、場合によってはとるに足らないようなものであるかもしれない経験の社会学を求めて。家族を成し遂げる人々の多様な実践。社会構築主義の立場から家族を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 家族社会学の「多様化」と社会構築主義
  • 第2章 日本における「標準理論」の受容過程-「核家族論争」再考
  • 第3章 家族機能をめぐる諸問題-家族社会学の論理と人々の方法
  • 第4章 家族社会学のニッチ
  • 第5章 家族であることを支援する-「家族支援」の技巧的な実践
  • 第6章 福祉的支援のエスノグラフィー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概念としての家族 : 家族社会学のニッチと構築主義
著作者等 木戸 功
書名ヨミ ガイネン ト シテノ カゾク : カゾク シャカイガク ノ ニッチ ト コウチク シュギ
書名別名 Gainen to shiteno kazoku
出版元 新泉社
刊行年月 2010.2
ページ数 234, 22p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7877-1001-7
NCID BB00991030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21711405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想