細川ガラシャ : 散りぬべき時知りてこそ

田端泰子 著

細川ガラシャ(一五六三〜一六〇〇)。細川忠興正室。明智玉子は、実父光秀が起こした本能寺の変に際して山中に幽閉され、赦免された後にはキリスト教への信仰に目覚めてガラシャの洗礼名を受け、石田三成らが挙兵した際には人質となるのを避けるために自ら命を絶つという、劇的な生涯を送った。運命に翻弄されつつも信念を貫いた女性は、激動の戦国の世をどのように見たのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明智光秀の娘
  • 第2章 織田信長の兄弟姉妹・子女の配置
  • 第3章 信長と光秀・藤孝
  • 第4章 本能寺の変とその後の明智氏・細川氏
  • 第5章 忠興と玉子の婚姻
  • 第6章 丹後時代の玉子と忠興
  • 第7章 秀吉時代の玉子と忠興
  • 第8章 天正末年から文禄初年の細川家
  • 第9章 豊臣秀次事件の波紋
  • 第10章 関ケ原合戦と玉子の最期
  • 終章 苦難の中の花の一生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細川ガラシャ : 散りぬべき時知りてこそ
著作者等 田端 泰子
書名ヨミ ホソカワ ガラシャ : チリヌベキ トキ シリテ コソ
書名別名 Hosokawa garasha
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.2
ページ数 231, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05678-1
NCID BB0098858X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21713113
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想