フランス  2 (中央の山並から南へ)

福井憲彦, 稲葉宏爾 著・写真

紺碧の海に太陽が一杯の夏のコート・ダジュール。高峰に雪が降り積もり白く輝くアルプスの山並。一面のブドウ畑にシャトーが点在するボルドー・ワインのふるさと。谷間に太古の壁画洞窟をひそませるヴェゼール渓谷、など。海と山と川とが織りなす表情豊かな自然とともに、多くの世界遺産の建造物が輝き、歴史が幾層にも折り重なった町や村の魅力。アルプス、ピレネ、オーヴェルニュの山間から、大西洋と地中海の沿岸、プロヴァンス…、ラスコー以来の歴史の地を訪ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ラスコーの洞窟からEU時代まで-歴史の起伏を乗り越えて(中央山地から南の自然地理
  • 先史時代からローマ帝国へ
  • ゲルマン諸族の侵入からフランス王国へ
  • 王国に組み込まれるフランス南部 ほか)
  • 第2部 山間の街と陽光の海岸へ-南フランスの旅(ポワトゥ・シャラント
  • アキテーヌ
  • リムーザンとオーヴェルニュ
  • ミディ・ピレネ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス
著作者等 福井 憲彦
稲葉 宏爾
書名ヨミ フランス
書名別名 中央の山並から南へ
シリーズ名 世界歴史の旅
巻冊次 2 (中央の山並から南へ)
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.1
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-63375-9
NCID BB00986063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想