陵墓と文化財の近代

高木博志 著

万世一系の「十九世紀の陵墓体系」は、記紀批判のない文献考証と、現地で「口碑」や伝説を収集する「十九世紀の学知」によって決められた。大正期以降にあらわれ、敗戦から今日まで公認となる津田左右吉の古代史・神話研究、浜田耕作などの考古学といった「二十世紀の学知」と齟齬を生じるにもかかわらず、「十九世紀の陵墓体系」は「凍結」された。本書では、ひとり陵墓の問題のみならず、広く文化財をめぐる歴史認識としてとらえた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界遺産と「19世紀の陵墓体系」(2008年神功皇后陵への立入り
  • 世界遺産と陵墓 ほか)
  • 2 陵墓がつくられる(近世の修陵
  • 明治維新と陵墓 ほか)
  • 3 陵墓と人びとの関わり(近世の神功皇后信仰
  • 伝説と陵墓 ほか)
  • 4 近代の学知と陵墓治定(西都原古墳の発掘
  • 幻の『大阪府庁文書』 ほか)
  • 21世紀の陵墓問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陵墓と文化財の近代
著作者等 高木 博志
書名ヨミ リョウボ ト ブンカザイ ノ キンダイ
書名別名 Ryobo to bunkazai no kindai
シリーズ名 日本史リブレット 97
出版元 山川出版社
刊行年月 2010.1
ページ数 105p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54709-4
NCID BB00985548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想