現象学と形而上学 : フッサール・フィンク・ハイデガー

武内大 著

現象学は反形而上学という決意のもとで出発した。しかし1960年代に、レヴィナスが「絶対他者への欲望」として形而上学を標榜し、80年代からはアンリやマリオンなどフランス現象学界で「魂に内在する神の啓示」、「存在なき神」などいわゆる神学的転回の議論が活発化した。90年代になると神学のみならず広い意味で現れざるもの、現象しないものへの関心が高まっていった。またフッサール研究でも志向分析の限界に関する議論が盛んに行われ、誕生と死、無意識の問題に光が投ぜられた。このような非現象性への関心からオイゲン・フィンク再考の機運が高まり、94年にはフィンク・コロキウムが催され、全集(全30巻)の刊行も始まった。彼の「非存在論」はフッサールおよびハイデガーとの批判的対決を通じて独自の展開を見た。フィンクはハイデガーの存在論とフッサールの志向的意識分析を媒介し両者を乗り越えようとし、意識の存在を包括する開けの次元として世界を位置づけ、さらに世界を「存在の地平」として思惟することにより、志向分析や存在論よりも根源的な問題地平を開いた。本書は初の本格的フィンク研究として、現象学や現代思想に関心のある読者に興味深い一書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 形而上学と世界問題
  • 第1部 現象学的形而上学としての非存在論(絶対者の現象学としての非存在論
  • 非存在論と時間分析)
  • 第2部 コスモロギーと現象学的世界論の展開(コスモロギー的世界論の成立
  • 光と闇の現象学)
  • 結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現象学と形而上学 : フッサール・フィンク・ハイデガー
著作者等 武内 大
書名ヨミ ゲンショウガク ト ケイジジョウガク : フッサール フィンク ハイデガー
出版元 知泉書館
刊行年月 2010.2
ページ数 175, 55p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-076-8
NCID BB00985082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21710524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想