映画は遊んでくれる

芝山幹郎 著

今、もっともブリリアント、もっとも軽やかで、もっとも読み応えのある映画評論はこれだ!『週刊文春』のシネマチャートでもユニークな視点が光る、先鋭的な批評家の最新映画論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 遊ぼうか(エロティックな「停止」-『アウト・オブ・サイト』
  • 「映画の血」を求める男-『ラスト・オブ・モヒカン』 ほか)
  • 2 遊ぼうよ(映画の妖婦はなぜ楽しいか-『悪女映画』再訪
  • キャプラの眼力-『素晴らしき哉、人生!』 ほか)
  • 3 遊ぼうぜ(いいよ、よりをもどしても-『ビッグ・リボウスキ』
  • ソロンズ版「昆虫記」-『ハピネス』 ほか)
  • 4 遊ぼうね(エミネムが放電した火花-『8Mile』
  • 映画を吹き抜ける突風-『パンチドランク・ラブ』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画は遊んでくれる
著作者等 芝山 幹郎
書名ヨミ エイガ ワ アソンデクレル
書名別名 Eiga wa asondekureru
出版元 清流
刊行年月 2010.1
ページ数 313, 4p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86029-300-0
NCID BB00983495
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21793511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想