母親になるということ : 母親アイデンティティを巡る考察

山口雅史 著

[目次]

  • 第1章 親を取りまく研究の動き
  • 第2章 母親自身の持つ母親発達観
  • 第3章 母親アイデンティティの構造
  • 第4章 母親アイデンティティと育児効力感
  • 第5章 母親アイデンティティと育児ストレス
  • 第6章 母親であることの意味
  • 第7章 母親になるということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母親になるということ : 母親アイデンティティを巡る考察
著作者等 山口 雅史
書名ヨミ ハハオヤ ニ ナル ト イウ コト : ハハオヤ アイデンティティ オ メグル コウサツ
シリーズ名 椙山女学園大学研究叢書 38
出版元 あいり
刊行年月 2010.1
ページ数 145p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-901903-27-1
NCID BB00914222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21730111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想