生命(いのち)にぎわう青い星 : 生物の多様性と私たちのくらし

樋口広芳 著

生物多様性はなぜ大切なのか、なぜ保全しなければならないのか、生物多様性が失われたときどんな影響が出るのか。今後も私たちが豊かな自然と共生していくためには、どのような考えのもと、なにを実行していく必要があるのだろうか。かけがえのない多様な自然から、さまざまな恩恵を受けて生きている私たち人間。生物多様性の意味、仕組み、進化、保全を横断的に考え、その本質を理解するうえでの必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いろいろな生きもの、さまざまな自然
  • 第2章 なぜこんなにいろいろな生物がいるのか
  • 第3章 どのようにして多様になってきたのか
  • 第4章 生物多様性の価値-なぜ重要なのか
  • 第5章 失われゆく自然や生きもの
  • 第6章 温暖化が生きもののくらしに及ぼす影響
  • 第7章 拡大する野生との軋轢
  • 第8章 未来に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命(いのち)にぎわう青い星 : 生物の多様性と私たちのくらし
著作者等 樋口 広芳
書名ヨミ イノチ ニギワウ アオイ ホシ : セイブツ ノ タヨウセイ ト ワタクシタチ ノ クラシ
書名別名 生命にぎわう青い星
シリーズ名 Dojin選書 030
出版元 化学同人
刊行年月 2010.1
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7598-1330-2
NCID BB0091365X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21794626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想