犬として育てられた少年 : 子どもの脳とトラウマ

ブルース・D.ペリー, マイア・サラヴィッツ 著 ; 仁木めぐみ 訳

アメリカの著名な児童精神科医が、カルト教団の子どもたち、母親の殺人を目撃した少女、犬の檻で育った少年などの13の事例を通して、虐待やトラウマが子どもの発達に与える影響と回復への道筋を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ティナの世界
  • 君のペースで
  • 天国への階段
  • 接触への飢え
  • 冷えきった心
  • 犬として育てられた少年
  • 悪魔教団パニック
  • カラス
  • 「ママは嘘をついている。ママにやられた。警察を呼んで」
  • 子どもたちの優しさ
  • コミュニティの癒し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犬として育てられた少年 : 子どもの脳とトラウマ
著作者等 Perry, Bruce Duncan
Szalavitz, Maia
仁木 めぐみ
杉山 登志郎
Perry Bruce D.
サラヴィッツ マイア
ペリー ブルース・D.
書名ヨミ イヌ ト シテ ソダテラレタ ショウネン : コドモ ノ ノウ ト トラウマ
書名別名 The boy who was raised as a dog

Inu to shite sodaterareta shonen
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2010.2
ページ数 389p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-314-01061-0
NCID BB00911042
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21722963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想