量子コンピュータとは何か

ジョージ・ジョンソン 著 ; 水谷淳 訳

0と1の切り替えの連なり-どんな高性能コンピュータも、根本にあるのはこの原理だ。だが、0と1の状態が「両方同時に」あり得たら?量子力学に基づいた、一見不可解なこの「重ね合わせ」状態を用いることで可能になる、想像を絶する超高速演算。その実現は科学の大きな進歩を約束する一方、国防や金融を根底から揺るがす脅威でもある…話題の次世代コンピュータの、原理から威力までがこの一冊でわかる最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ブラックボックスの中身
  • なぜ量子コンピュータは注目されているのか
  • そもそもコンピュータとは何か
  • コンピュータの仕組み
  • 量子の奇妙な振る舞い-「重ね合わせ」と「絡み合い」
  • コンピュータの限界「因数分解」と量子コンピュータ
  • 難題を解決するショアのアルゴリズム
  • 公開鍵暗号を破る
  • 実現に向けた挑戦
  • 「重ね合わせ状態の崩壊」に立ち向かう
  • 絶対堅牢な暗号「量子暗号」
  • 宇宙一の難問-タンパク質折りたたみ・巡回セールスマン・バグ検証
  • 九〇億の神の御名

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子コンピュータとは何か
著作者等 Johnson, George
水谷 淳
ジョンソン ジョージ
書名ヨミ リョウシ コンピュータ トワ ナニカ
書名別名 A shortcut through time
シリーズ名 〈数理を愉しむ〉シリーズ NF361
ハヤカワ文庫 NF361
出版元 早川書房
刊行年月 2009.12
ページ数 297p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050361-1
NCID BB00903521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21689650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想