平等院鳳凰堂 : 現世と浄土のあいだ

冨島義幸 著

藤原頼通により現世と極楽浄土を結ぶ空間として建立された平等院鳳凰堂。これまで個別に論じられてきた鳳凰堂の建築・仏像・絵画・庭園などを総合的に捉え直し、平安仏教の豊かな世界観と人々の祈りの姿を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鳳凰堂をめぐる五つの謎-プロローグ
  • 1 鳳凰堂の建築美
  • 2 鳳凰堂の内なる世界
  • 3 現世と浄土をつなぐ景観
  • 4 鳳凰堂と阿弥陀来迎
  • 5 鳳凰堂本尊と阿弥陀法
  • 6 阿弥陀堂と九品曼荼羅
  • 7 阿弥陀曼荼羅としての鳳凰堂
  • 新しい造形論にむけて-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平等院鳳凰堂 : 現世と浄土のあいだ
著作者等 冨島 義幸
書名ヨミ ビョウドウイン ホウオウドウ : ゲンセ ト ジョウド ノ アイダ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.2
ページ数 195, 5p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-08032-3
NCID BB00893337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想