ハンナ・アレントの政治理論 : アレント論集 1

川崎修 著

忘れられた古層から掘り出された過去の断片が豊かな思想へと変貌し、それが現代を把握し批判する最高の手だてとなる-アレントはこの確信に基づいて"人間の条件"を探り、政治とは何かを追求した。既存のカテゴリーに収まることを拒む彼女の政治理論の核心に迫る労作「ハンナ・アレントの政治思想」に加えて、アレント政治理論への格好の水先案内「アレントを導入する」を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハンナ・アレントの政治思想-哲学・人間学・政治理論
  • 第1章 活動的生活と精神の生活(活動的生活
  • 精神の生活)
  • 第2章 「世界」と人間(知覚と世界
  • 人工物の世界
  • 世界と「公的なるもの」)
  • 第3章 政治の概念(「公的」・「私的」・「社会的」
  • 自由と活動としての政治
  • 権力と機構
  • 権威と伝統
  • 判断力の役割)
  • 付録 アレントを導入する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハンナ・アレントの政治理論 : アレント論集 1
著作者等 川崎 修
書名ヨミ ハンナ アレント ノ セイジ リロン : アレント ロンシュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
ページ数 275, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-024454-1
NCID BB00890372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21715049
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想