夜食の文化誌

西村大志 編著

ラーメン、おにぎり、焼きそば、うどん、スナック菓子…。受験勉強や夜型生活になくてはならない夜食は、いまや巨大な市場を形成するほど人々に受け入れられている。人の心を和ますとされたり太る原因にされたりとさまざまに語られる夜食は、どのようにして日本に普及してきて、一つの文化として成熟したのか。文化的・歴史的な過程を丹念にたどりながら、落語の演目から都市の下層階層の問題を読み解き、屋台やラーメンの普及、若者文化や地方と夜食とのかかわりに戦前期の都市化のありようや食文化イメージの転換を見定めて、夜食と日本人との関係に鋭く斬り込む。食欲と知識欲をそそる文化史/文化誌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「夜食」の文化研究事始め
  • 第1章 「夜食」と階層-落語から考える
  • 第2章 路地裏の夜食史-一九二〇‐三〇年代における屋台イメージの転換
  • 第3章 ラーメン史を「夜」から読む-盛り場・出前・チャルメラと戦前の東京人
  • 第4章 若者の夜食はどう変わってきたか
  • 第5章 地方からみた「夜食」-都市的まなざしに抗して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夜食の文化誌
著作者等 井上 義和
右田 裕規
島岡 哉
西村 大志
近森 高明
書名ヨミ ヤショク ノ ブンカシ
シリーズ名 青弓社ライブラリー 62
出版元 青弓社
刊行年月 2010.1
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3307-3
NCID BB00878297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想