ボート

ナム・リー 著 ; 小川高義 訳

作家修業中のベトナム系青年。戦争中、少年だった父はその目で何を見たのか。多くを語らずに生きてきた父と、書きあぐねながら、出自は題材にすまいとする息子(「愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲」)。初老の画家がカーネギーホールに向かおうとしている。妻とともにロシアに去った娘が、天才少女チェリストとして凱旋したのだ。いそいそと支度をする男の待望の一夜(「エリーゼに会う」)。そして、ベトナムから難民ボートに一人乗り込んだ少女の極限の12日間を描く表題作「ボート」など、すべて異なる土地を舞台とした全7篇。生後3カ月で両親とともにベトナムからオーストラリアへ渡った作家が、持てるすべてを注ぎ込んだ清新なデビュー短篇集。プッシュカート賞、ディラン・トマス賞ほか多数受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボート
著作者等 Le, Nam
小川 高義
リー ナム
書名ヨミ ボート
書名別名 The boat
シリーズ名 Crest books
出版元 新潮社
刊行年月 2010.1
ページ数 359p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-590080-9
NCID BB00877669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21711725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
エリーゼに会う ナム・リー 著, 小川高義 訳
カルタヘナ ナム・リー 著, 小川高義 訳
テヘラン・コーリング ナム・リー 著, 小川高義 訳
ハーフリード湾 ナム・リー 著, 小川高義 訳
ヒロシマ ナム・リー 著, 小川高義 訳
ボート ナム・リー 著, 小川高義 訳
愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲 ナム・リー 著, 小川高義 訳
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想