日中社会学叢書 : グローバリゼーションと東アジア社会の新構想  2

永野 武【編著】

[目次]

  • はじめに-全体構想と分析方法
  • チャイニーズネスとトランスナショナルアイデンティティ
  • 第1部 歴史からの問い(戦後在日華僑社会の構成および変動と「老華僑」の組織・ネットワーク形成
  • ニューカマーズとオールドカマーズ-新旧華僑・華人の人間関係相互考察
  • 中国におけるエスニック・ネーションの起源-孫文はいかにして「民族主義者」になったか)
  • 第2部 トランスナショナルなアイデンティティ(「中国帰国者」の歴史/社会的形成-国民、エスニシティ、コミュニティ
  • 滞日中国人による永続的「ソジョナー」アイデンティティの形成-トランスナショナルな移動者としての中国人留学生
  • 石垣島の台湾人-現代に残響する植民地下の双方向的移動)
  • 第3部 社会の多元性(中国移行経済における独裁的企業運営の採用-組織環境、人的資本、文化大革命中の国内移住経験が及ぼす影響
  • 台湾における多文化社会の展開と「新移民」問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中社会学叢書 : グローバリゼーションと東アジア社会の新構想
著作者等 永野 武
書名ヨミ ニッチュウ シャカイガク ソウショ : グローバリゼーション ト ヒガシアジア シャカイ ノ シンコウソウ
書名別名 チャイニーズネスとトランスナショナルアイデンティティ
巻冊次 2
出版元 明石書店
刊行年月 2010.1
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3131-7
NCID BB00873475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21710173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想