占領期雑誌資料大系  文学編 第2巻

山本武利, 川崎賢子, 十重田裕一, 宗像和重 編

プランゲ文庫から精選する検閲の痕跡も生々しい原資料で味わう戦後文学。日本国憲法や東京裁判などをめぐってGHQ/SCAPのメディア統制が本格化するなか表現をめぐる葛藤が繰り広げられた-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対談・座談会 焼け跡の文学場(文学の諸問題(石川達三、中野重治、河上徹太郎、中島健蔵、舟橋聖一)
  • 文芸放談(谷崎潤一郎、志賀直哉)
  • 新日本の黎明を語る(新村出、川田順、谷崎潤一郎) ほか)
  • 第2章 小説「敗戦後」への想像的読みに向けて(A夫人の手紙(谷崎潤一郎)
  • 死の館にて(稲垣足穂)
  • 心の橋(荒木巍) ほか)
  • 第3章 評論・エッセイ 変革と連続性への批評精神(この一年間(平林たい子)
  • 日記(昭和二十年)(高見順)
  • 貞操に就いて(菊池寛) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占領期雑誌資料大系
著作者等 十重田 裕一
宗像 和重
山本 武利
川崎 賢子
書名ヨミ センリョウキ ザッシ シリョウ タイケイ
書名別名 表現される戦争と占領 : 1946・8-1947・7
巻冊次 文学編 第2巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
ページ数 296, 20p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-00-028247-5
NCID BB00872938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21715021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想