発想のための論理思考術

野内良三 著

論証を正確に積み上げていく論理学の思考は、どうしても「あたりまえ」の結論に終始しがち。論理学の限界を見定め、論理学を鍛え直すことで、新鮮なひらめきを生みだす思考法を手にいれよう。論理学の初歩である三段論法に秘められた力や、詭弁だと否定されがちな日常的レトリックを生かした、意外性に満ちた推理・推論の方法を明らかにする。正しく捉え、的確に推理し、大胆に発想するための、新しい論理思考のレッスン登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 妥当な推論を求めて(必然性と思考の原理
  • 排中律と二値性 ほか)
  • 2 三段論法の底力(定言三段論法とは
  • 三段論法には型がある ほか)
  • 3 科学的思考の「仮説」と「論証」(必然性から確実性へ
  • ヒュームの「懐疑」とミルの「要請」 ほか)
  • 4 本当らしさとは何か(確かな論拠を求めて
  • 「真理」の相対性と同意の形成 ほか)
  • 5 偶然を受け容れる推理(ミクロの視点とマクロの視点
  • 縁起観から「容」偶然主義へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発想のための論理思考術
著作者等 野内 良三
書名ヨミ ハッソウ ノ タメノ ロンリ シコウジュツ
シリーズ名 NHKブックス 1150
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2010.1
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091150-1
NCID BB00859463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想