国家刑罰権正統化戦略の歴史と地平

宮本弘典 著

[目次]

  • 第1部 国家刑罰権の現在(イデオロギー的正統化からテクノクラシーによる正統化へ
  • 罪刑法定原則の理念と現実
  • 「安全な社会」のパラドクス
  • 予防刑法の病理
  • 刑法における自由と安全-反テロ刑法=意思刑法再編の悪夢)
  • 第2部 国家刑罰権の原風景(啓蒙主義的刑事法改革の一断面-オーストリアにおける拷問廃止について
  • 審問手続の諸相1-魔女裁判の法史と不‐法史
  • 審問手続の諸相2-拷問の法史と不‐法史
  • 拷問廃止における「啓蒙的理性」の光と影
  • 刑事司法の原風景-カロリーナの審問手続
  • 刑法学の原風景-ドイツ刑法学の祖カルプツォフ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家刑罰権正統化戦略の歴史と地平
著作者等 宮本 弘典
書名ヨミ コッカ ケイバツケン セイトウカ センリャク ノ レキシ ト チヘイ
書名別名 Kokka keibatsuken seitoka senryaku no rekishi to chihei
出版元 集工房朔 : 星雲社
刊行年月 2009.12
ページ数 418, 6, 57p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-434-14097-6
NCID BB00853310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21702907
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想