第3のビールは、なぜビールの味がするのか? : 新ジャンルの味覚を作る技術

夏目幸明 著

日本が生んだ日本だけのお酒-発泡酒と「第3のビール」。世界的にも高いビールへの課税に対し、ビールメーカーは不屈の努力で新ジャンルを生み出し続け、ついに麦を使わずに造るまでに到達する。そのうえ糖質フリー、プリン体カット、完全アルコールゼロまで実現した。醸造という自然の営みが生みだす味を、人は技術でどこまで再現できるのか。味覚の官能に技術で挑んだ、ビール味の飲料をめぐる物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 そもそも「ビール」とは何なのか
  • 2章 発泡酒へ至る道
  • 3章 発泡酒の登場
  • 4章 「第3のビール」とは何か
  • 5章 「糖質オフ」と「カロリーオフ」はどう違う?
  • 6章 「新ジャンル」とは何なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第3のビールは、なぜビールの味がするのか? : 新ジャンルの味覚を作る技術
著作者等 夏目 幸明
書名ヨミ ダイ3 ノ ビール ワ ナゼ ビール ノ アジ ガ スルノカ : シン ジャンル ノ ミカク オ ツクル ギジュツ
書名別名 Dai3 no biru wa naze biru no aji ga surunoka
シリーズ名 Tech live!
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.1
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7741-4091-9
NCID BB00803389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21690323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想