トランスクリティーク

柄谷行人 著

カントからマルクスを読み、マルクスからカントを読む。移動と視差による批評(トランスクリティーク)によって、社会主義の倫理的=経済的基礎を解明し、資本=ネーション=ステートを超えた社会への実践を構想する。英語版に基づいて改訂した著者の主著の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イントロダクション-トランスクリティークとは何か
  • 第1部 カント(カント的転回
  • 綜合的判断の問題
  • Transcritique)
  • 第2部 マルクス(移動と批判
  • 綜合の危機
  • 価値形態と剰余価値
  • トランスクリティカルな対抗運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トランスクリティーク
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ トランスクリティーク : カント ト マルクス
書名別名 カントとマルクス

Toransukuritiku
シリーズ名 岩波現代文庫 G233
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
ページ数 511p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600233-6
NCID BB00798336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21715439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想