アメリカ・モデルとグローバル化  1

渋谷 博史【編】

ヒト・モノ・カネが自由に出入りして動態的に変化する過程の厳しいリスクのなかで、人びとが社会的な格差の階段を上り下りするアメリカ・モデルを提示する。そのアメリカ・モデルが国内社会に浸透する、あるいは世界に展開するために必要な基本的な枠組みを形成する金融・教育・国際援助の役割を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「アメリカ・モデルとグローバル化」を見る眼
  • 第1章 アメリカ・モデル経済社会の基本構造
  • 第2章 アメリカ・モデルの金融-中小企業金融における「保守性」と「コミットメント」
  • 第3章 大都市ニューヨークの教育財政システム
  • 第4章 G・W・ブッシュ政権による援助システムの改革
  • 第5章 アメリカにおける民間部門による対外援助-財団の動向を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ・モデルとグローバル化
著作者等 渋谷 博史
書名ヨミ アメリカ モデル ト グローバルカ
書名別名 自由と競争と社会的階段
シリーズ名 シリーズ・アメリカ・モデル経済社会 第1巻
巻冊次 1
出版元 昭和堂
刊行年月 2010.2
ページ数 267p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-0963-9
NCID BB0078555X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想