「国語」という呪縛 : 国語から日本語へ、そして〇〇語へ

川口良, 角田史幸 著

「国語」とは何か。それは明治期に入為的に作り出されたものだった。幻想の「純粋な和語」、内向きの国語教育、侵略戦争と日本語教育、「日本語=日本文化」という図式…。言語の境界を越えた「○○語」への道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本語を再び考える-プロローグ
  • 国語とは何か
  • 国語から日本語へ
  • 日本語とは何か
  • 日本語から○○語へ
  • 言語そのものへ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「国語」という呪縛 : 国語から日本語へ、そして〇〇語へ
著作者等 川口 良
角田 史幸
書名ヨミ コクゴ ト イウ ジュバク : コクゴ カラ ニホンゴ エ ソシテ マルマルゴ エ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 290
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.2
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05690-8
NCID BB00736882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想