あの素晴しい曲をもう一度 : フォークからJポップまで

富澤一誠 著

誰もが口ずさむ名曲には、意外なドラマや秘話が詰まっている。最初は三〇〇枚しかプレスされなかった「帰って来たヨッパライ」、原題は「王手」だった「関白宣言」。軟弱者扱いされた井上陽水、奇異で異質な存在だったユーミン-。フォークからJポップまで、現場で見つめ続けてきた筆者が綴る五十年史。読むだけでメロディーが浮かぶ「名曲ガイド50」付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九六〇年代-フォークが日本を揺さぶった(最先端だったフォーク
  • 加山雄三の革命 ほか)
  • 一九七〇年代-ニューミュージック黄金時代(第三回全日本フォークジャンボリー
  • スターの交代 ほか)
  • 一九八〇年代-歌謡曲の逆転勝ちとビートの浮上(シングル・ヒットの連発
  • CMソングの時代 ほか)
  • 一九九〇年代-メガヒット方程式の確立(愛は勝つ
  • ミリオンセラーとCD ほか)
  • 二〇〇〇年代-音楽界の迷走と新たな「名曲」(「TSUNAMI」の大ヒット
  • 宇多田か浜崎か ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あの素晴しい曲をもう一度 : フォークからJポップまで
著作者等 富沢 一誠
富澤 一誠
書名ヨミ アノ スバラシイ キョク オ モウ イチド : フォーク カラ J ポップ マデ
シリーズ名 新潮新書 347
出版元 新潮社
刊行年月 2010.1
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610347-6
NCID BB00728159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想