昏睡days

有田直子 著

昏睡の世界はピンク色だった。大学4年生の時、くも膜下出血で意識不明になった著者が意識を取り戻したのち、語ったこと。意識のない世界は、真っ暗闇ではなく、春のような、穏やかで、暖かい世界だった。くも膜下出血で倒れ、意識のない世界では、いつもどおりの時間が流れていた。現実世界では、緊急手術が行われ、死んでしまうかもしれない、植物人間になるかもしれないと、両親は不安な日々を過ごす。昏睡から目覚め、社会生活に復帰したいま、同じように目を覚まさない家族や恋人、友人を持つ人々に、その世界は真っ暗闇ではなく、現実世界と同じような日々の暮らしが続いているのかもしれないと、伝えたい…。昏睡状態での意識のない日々を中心に、その後の出来事を書き下ろした一作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 昏睡DAYS
  • 2章 RE BIRTH
  • 3章 NEW DAYS

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昏睡days
著作者等 有田 直子
書名ヨミ コンスイ days
書名別名 Konsui days
出版元 書肆侃侃房
刊行年月 2009.10
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86385-010-1
NCID BB0071992X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21672485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想