証券化の法と経済学

高橋正彦 著

証券化に関する理論・制度・実務の各面、法律学・経済学・会計・税制の各専門領域に横串を刺し、高い評価を得ている稀有な研究・概説書のアップデート版。初版以降に大きな変化を見せた、世界金融危機と証券化との関わり、我が国における関連法制整備などについて、大幅かつ本格的な解説・検討を加える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 証券化と金融システム
  • 第2章 証券化と金融法制
  • 第3章 証券化と倒産法制
  • 第4章 証券化と会計
  • 第5章 証券化と税制
  • 終章 証券化の法と経済学を目指して
  • 補章 近年の証券化と関連法制等の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証券化の法と経済学
著作者等 高橋 正彦
書名ヨミ ショウケンカ ノ ホウ ト ケイザイガク
書名別名 Law and economics of securitization
出版元 NTT
刊行年月 2009.12
版表示 増補新版.
ページ数 377p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7571-2252-9
NCID BB00710696
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21690408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想