西周の政治思想 : 規律・功利・信

菅原光 著

「日本における哲学の父」か「軍国主義の創始者」か。政治思想史的関心から総体的に捉え直すことで、二つの側面の複雑な関係性を解明し、近代的道徳意識と近代的秩序意識の相剋を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「平常社会」論としての軍事社会論
  • 第2章 法秩序論
  • 第3章 "君子の哲学"としての「功利主義」
  • 第4章 宗教の再構成-「啓蒙」の戦略
  • 補論1 「哲学」の発明
  • 補論2 西周と荻生徂徠
  • 補論3 道徳問題と「教育勅語」
  • おわりに-「法の治」における道徳の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西周の政治思想 : 規律・功利・信
著作者等 菅原 光
書名ヨミ ニシ アマネ ノ セイジ シソウ : キリツ コウリ シン
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2009.12
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1255-0
NCID BB00709085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想