ゴンクールの日記  上

ゴンクール [著] ; 斎藤一郎 編訳

兄エドモン(1822‐96)、弟ジュール(1830‐70)-。フランス最高の文学賞に名をのこすゴンクール兄弟による、19世紀後半の"世界の首都"パリの世相風俗を克明に記録した光彩陸離たる観測記。クーデターに始まる第二帝政、死と死がすれちがうパリ・コミューヌの日常など、上巻には1851年から75年までを収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴンクールの日記
著作者等 Goncourt, Edmond de
Goncourt, Jules de
斎藤 一郎
ゴンクール ジュール・ド
ゴンクール エドモン・ド
書名ヨミ ゴンクール ノ ニッキ
書名別名 Journal
シリーズ名 岩波文庫 32-595-2
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.1
ページ数 613p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-325952-8
NCID BB00707206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21712939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想