絶滅した奇妙な動物

川崎悟司 著

40億年の生命の歴史のなかで、確かに地球に生息した奇妙な動物総勢113頭、オールカラーで大胆復元。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古生代(エオアンドロメダ-管状の腕が8本ある軟体動物
  • キンベレラ-2本の爪と殻を持った軟体動物
  • アノマロカリス-カンブリア紀の食物連鎖の頂点に立っていた海の王者 ほか)
  • 中生代(オドントケリス-甲羅が腹側にしかない世界最古のカメ
  • キュネオサウルス-皮膜を張り滑空した最も古いトカゲの1種
  • ゲロトラックス-全体的に扁平な体をした、2億4800万年前の両生類 ほか)
  • 新生代(アルシノイテリウム-大きな2本の角の内部は空洞で、意外に軽い
  • アンドリューサルクス-これまで地球上に現れた陸生の肉食獣では最大
  • エオマニス-センザンコウの先祖にあたる生き物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶滅した奇妙な動物
著作者等 川崎 悟司
書名ヨミ ゼツメツシタ キミョウナ ドウブツ
出版元 ブックマン社
刊行年月 2009.12
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89308-729-4
NCID BB00691558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想