精神症候学

濱田秀伯 著

症候学は精神医学の根幹であり、常に立ち戻るべき総論である。長年にわたり好評増刷を重ねた内外に類のない労作が、疾患分類や用語改訂をふまえて全面的にリニューアル。最新の知見を盛り込むとともに、典拠文献を拡充し歴史的な考察を深化させて、より一層精緻になり重厚さを増す。精神科診療の揺るぎなき道しるべとなる臨床家必携「読む事典」の改訂新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説(症状、症候群、症候学
  • 精神症候学の成立
  • 力動精神医学の登場 ほか)
  • 第1部 外観・行為の異常(年齢・性差
  • ライフサイクル
  • 経過 ほか)
  • 第2部 異常体験(意識の障害
  • 自我と自我意識の障害
  • 知覚の障害 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神症候学
著作者等 浜田 秀伯
濱田 秀伯
書名ヨミ セイシン ショウコウガク
書名別名 Seishin shokogaku
出版元 弘文堂
刊行年月 2009.12
版表示 第2版.
ページ数 484p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-335-65141-0
NCID BB00681973
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21690406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想