食のリスク学 : 氾濫する「安全・安心」をよみとく視点

中西準子 著

BSE、中国製ギョーザ、有機農業、健康食品など、あらゆる食の問題を俎上に、リスク評価の視点でさばく。環境リスク学を築き上げた著者が、環境問題に取り組む過程で踏み込んだ「食の問題」への明瞭な解答。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食の安全-その費用と便益(安全を犠牲にすることもある
  • さまざまな安全がある ほか)
  • 第2章 食べもの情報VS.リスク(対談・高橋久仁子)(フードファディズムに出会った
  • 砂糖は有害か? ほか)
  • 第3章 食をめぐる論争点-わたしはこう考える(ききて・松永和紀)(中国製の食品は危険ですか
  • 国産の方が安全で、安心ですか? ほか)
  • 第4章 さまざまな食の問題(キンメダイはスケープゴートだと考える理由-メチル水銀のリスクについて
  • 自然と循環は危険-だから、つきあい方には科学が必要 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食のリスク学 : 氾濫する「安全・安心」をよみとく視点
著作者等 中西 準子
書名ヨミ ショク ノ リスクガク : ハンランスル アンゼン アンシン オ ヨミトク シテン
出版元 日本評論社
刊行年月 2010.1
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-58574-4
NCID BB00653388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想