夕顔の恋 : 最高の女のひみつ

林望 著

生身の女として触れ合ってみたい。男であれば誰もがそう思う女性、夕顔はなぜ、それほどまでに魅力的なのか?そのひみつを、源氏物語をひも解き明らかにする究極の「男を夢中にさせる理想の女」論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「雨夜の品定め」の女たち(光源氏の性癖
  • 頭中将の登場
  • 長雨の物忌のつれづれに ほか)
  • 第2章 夕顔という女との遭遇(夕顔、その謎めいた登場
  • 見られていた源氏の振る舞い
  • 夕顔との急接近 ほか)
  • 第3章 死の家にて(なにがしの院に至る
  • 運命の日が明ける
  • そして、その夜ついに… ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夕顔の恋 : 最高の女のひみつ
著作者等 林 望
書名ヨミ ユウガオ ノ コイ : サイコウ ノ オンナ ノ ヒミツ
シリーズ名 源氏物語
出版元 朝日出版社
刊行年月 2009.12
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-255-00504-1
NCID BB00652873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21686596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想