安楽死問題と臨床倫理 : 日本の医療文化よりみる安らかな生と死の選択

日本臨床死生学会 監修 ; 石谷邦彦 編

[目次]

  • 総論 安楽死と終末期医療(安楽死とは何か
  • あらゆる生を否定しない立場とは
  • 安楽死と自殺幇助のアメリカにおける問題点
  • 終末期医療の決定のプロセスに関するガイドラインについて)
  • 各論 安楽死問題と臨床倫理の実際(臨床倫理の基礎と実際
  • パリアティブ・セデーション(緩和的鎮静)と安楽死
  • 終末期医療のあり方をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 安楽死問題と臨床倫理 : 日本の医療文化よりみる安らかな生と死の選択
著作者等 日本臨床死生学会
石谷 邦彦
書名ヨミ アンラクシ モンダイ ト リンショウ リンリ : ニホン ノ イリョウ ブンカ ヨリ ミル ヤスラカナ セイ ト シ ノ センタク
書名別名 Anrakushi mondai to rinsho rinri
出版元 青海社
刊行年月 2009.12
ページ数 152p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-902249-45-3
NCID BB00649303
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21775004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想