絵でわかる人類の進化

斎藤成也 編 ; 海部陽介, 米田穣, 隅山健太 著

ヒトを人たらしめるものは何か。進化からヒトと動物の違いが見えてくる。ダーウィンの理論、年代測定法、ゲノム進化、さらには日本人の起源まで、人類進化の流れをたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 進化のしくみ(進化とは
  • 進化の中心、ゲノムDNA
  • 人類進化の年代を測る
  • 過去の環境変動をさぐる)
  • 第2部 人類のあゆみ(生命の誕生から霊長類の出現まで
  • サルからヒトへ〜猿人の登場
  • 原人の進化とユーラシアへの拡散
  • 旧人の出現とネアンデルタール人の謎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絵でわかる人類の進化
著作者等 斎藤 成也
海部 陽介
米田 穣
講談社サイエンティフィク
隅山 健太
書名ヨミ エ デ ワカル ジンルイ ノ シンカ
書名別名 E de wakaru jinrui no shinka
シリーズ名 絵でわかるシリーズ
出版元 講談社
刊行年月 2009.12
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-154759-9
NCID BB0063345X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21700361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想