災害福祉とは何か : 生活支援体制の構築に向けて

西尾祐吾, 大塚保信, 古川隆司 編著

本書は、これまでの災害と救援活動から蓄積された実践の知が広く関係者に共有されることを意図して企画された。災害がもたらす地域社会や生活への影響を社会的ケア・災害時要援護者の観点からとらえ直し、災害支援の方法を、個人・家族・集団・地域社会と対象ごとに具体的に展開するモデルとして提示。また、災害時だけではなく災害後の復興・生活再建についても、ソーシャルワークの立場から、どのような支援を実践すべきかを考察した1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論編(災害福祉の概念
  • 災害時要援護者
  • 災害の記憶-自然災害の歴史と社会的救援のエスノグラフィ
  • 災害支援に関する法制度と行政組織)
  • 第2部 実践編(災害支援の方法(総論)
  • 災害発生と救護
  • 災害と地域ネットワーク
  • 復興と被災者支援
  • 家族支援
  • 災害支援ボランティア-避難所・仮設住宅・復興住宅の体験を通じて
  • 特別なニーズのある人々への支援
  • 福祉施設における防災支援-保育所を中心に)
  • 第3部 提言編(防災・減災のための仕組みづくり
  • 学校における防災教育の現状と課題
  • 防災ネットワークの構築
  • 防災と支援ネットワーク形成に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害福祉とは何か : 生活支援体制の構築に向けて
著作者等 古川 隆司
大塚 保信
西尾 祐吾
書名ヨミ サイガイ フクシ トワ ナニカ : セイカツ シエン タイセイ ノ コウチク ニ ムケテ
書名別名 Saigai fukushi towa nanika
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.1
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05421-3
NCID BB00625892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21705308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想