学校文化の継承と再創造 : 教員文化と生徒文化の二項対立を超える

竹石聖子 著

1年生と3年生、若手教師とベテラン教師、交流と対抗のなかで形作られる「共同体としての学校」、その教育的意味を問い直す。高校を対象としたエスノグラフィーから学校文化の構造を明らかにし、その生成と再創造のプロセスを正統的周辺参加論の枠組みから考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学校文化研究をめぐる課題
  • 第1章 生徒文化の構造と生成
  • 第2章 教員文化の形成と総合
  • 第3章 学校文化の構造変容の歴史的過程
  • 第4章 学校文化の伝達過程と構成員としてのアイデンティティの獲得
  • 終章 共同体としての学校

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校文化の継承と再創造 : 教員文化と生徒文化の二項対立を超える
著作者等 竹石 聖子
書名ヨミ ガッコウ ブンカ ノ ケイショウ ト サイソウゾウ : キョウイン ブンカ ト セイト ブンカ ノ 2コウ タイリツ オ コエル
書名別名 Gakko bunka no keisho to saisozo
出版元 青木書店
刊行年月 2010.1
ページ数 269, 2p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-250-20921-5
NCID BB00619007
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21714891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想