花物語 : 続植物記

牧野富太郎 著

「私は、あるいは草木の精ではないかと自分で自分を疑います」-植物へのあふれる愛情を背景に、碩学がおおらかに、またユーモアたっぷりに綴った、最晩年の随筆集。さまざまな植物について知られざる知識を語り、誤称を正し、また社会と植物のよき関わりへの夢をつづる。「東京全市を桜の花で埋めよ」「花菖蒲の一大園を開くべし」「熱海にサボテン公園を作るべし」といったスケールの大きな提案、「野生食用植物の話」「武蔵野の植物について述べる」などの興味深い知識満載の講演録、「植物と心中する男」など人生観を語る数篇、また自らの研究生活を振り返る「受難の生涯」などを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 私の送った郷里のサクラ
  • 崋山地下で泣く
  • ハゼノキの真物
  • 菊の話
  • 書帯草
  • 野生食用植物の話
  • 植物と人生
  • 私は植物の精である
  • 漫談・火山を割く
  • 武蔵野の植物について述べる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花物語 : 続植物記
著作者等 牧野 富太郎
書名ヨミ ハナ モノガタリ : ショクブツキ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 マ29-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.1
ページ数 315p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09272-4
NCID BB00618922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21713428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想