生き延びること : 極東証券寄附講座 : 生命の教養学 5

慶應義塾大学教養研究センター, 高桑和巳 編

「生き延びる」とは、生死を超えたところにある生とは何か?細胞生物学、医療人類学、遺体科学、比較動物学、労働問題研究、剣術、政治思想史、ロック研究、スポーツ社会学、武道研究-さまざまな切り口から「生き延び」を、そして生き延びる「生命」自体を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-この授業に生き延びがかかっていたもの
  • 寿命について考える
  • 今「追い込まれた末の死」を考える-精神科臨床実践をめぐる医療人類学
  • 遺体科学の提唱
  • クリプトビオシス-隠された生命
  • 貧困を生き延びるということ-労働・生命・自由
  • 真剣勝負を生き抜いた武蔵の教え
  • 「生き延びること」の政治経済学-グローバリゼーションと2つのザヴァイヴァル
  • 生き延びるアート-ロックの名曲と「ネガティブなもの」の効用
  • エッジワークの社会学-人はなぜリスクを冒すのか
  • 武の死生学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き延びること : 極東証券寄附講座 : 生命の教養学 5
著作者等 慶應義塾大学教養研究センター
高桑 和巳
書名ヨミ イキノビル コト : キョクトウ ショウケン キフ コウザ : セイメイ ノ キョウヨウガク
書名別名 Ikinobiru koto
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2009.12
ページ数 253p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1636-7
NCID BB00609251
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21779916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想