荷風と明治の都市景観

南明日香 著

荷風は赤レンガ建築が嫌いだった…あるべき"景観"とは何か。荷風を通して明治の東京の成り立ち、現代の東京を考える待望の本。掲載図版約80点。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章(景観問題の起源
  • 建築・都市批評の始まり)
  • 第1章 明治(一八六八〜一九一二年)の首都計画(江戸を近代首都に-欧米化の志
  • 外国人技術者の時代-銀座煉瓦街計画と官庁集中計画 ほか)
  • 第2章 荷風の欧米都市体験(渡米以前-江戸と東京の狭間
  • 渡米後(一九〇三〜〇七年)-シカゴ、ワシントンD.C.、ニューヨーク:近代都市のスケール ほか)
  • 第3章 荷風の体感した首都東京(「明治の東京」の衝撃-帰国後(一九〇八年)から『日和下駄』(一九一五年)まで
  • 首都の威信-丸の内・日比谷・霞ヶ関界隈 ほか)
  • 第4章 荷風の好む東京の景観(建築-「市区改正」以前・以後:西洋建築二世代
  • 街路-大通り、路地、坂道:景観と歩行感覚 ほか)
  • 終章 心地よい都市をめざして(「国土」から「風土」に
  • 点の集合体から四次元の構造体に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荷風と明治の都市景観
著作者等 南 明日香
書名ヨミ カフウ ト メイジ ノ トシ ケイカン
書名別名 Kafu to meiji no toshi keikan
出版元 三省堂
刊行年月 2009.12
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-385-36441-4
NCID BB00605090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想