歩きたくなる大名と庶民の街道物語 : 参勤交代と江戸の旅事情

新人物往来社 編

参勤交代は諸大名が自らの家格を誇示する一大ページェントであった-。薩摩藩島津家の江戸までの旅程は実に七十三日間、加賀百万石前田家の参勤費用は現在に換算すると片道だけで二億円!一方、江戸時代後期、庶民の間で伊勢参りが大流行、興味津々、江戸人が往く街道の旅-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 大名たちの旅(参勤交代制の形成過程と大名統制
  • ドキュメント大名行列
  • 多角分析 参勤交代
  • 参勤交代とお国替え)
  • 第2部 東海道の歴史と旅(数字で読む江戸時代の東海道
  • 東海道の旅人たち
  • 東海道定点観察
  • 多角分析 東海道の旅)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歩きたくなる大名と庶民の街道物語 : 参勤交代と江戸の旅事情
著作者等 新人物往来社
書名ヨミ アルキタクナル ダイミョウ ト ショミン ノ カイドウ モノガタリ : サンキン コウタイ ト エド ノ タビ ジジョウ
書名別名 Arukitakunaru daimyo to shomin no kaido monogatari
出版元 新人物往来社
刊行年月 2009.11
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-404-03778-7
NCID BB0058996X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21687384
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想