言葉は社会を動かすか

松永澄夫 編

言葉は社会にどう働きかけ、社会をどのように変えてゆくのか-こうした社会に作用する言葉の力の結節点として、社会運動、PC、テレビ、法律制定、民主政治等のトピックを通じて、社会的場における言葉の働き方を具体的に追求・解明するとともに、言葉・個人・社会間の相互関係・作用を多角的に分析・考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時代を表現する言葉と社会の変化
  • 言葉の運動としての社会運動
  • 言葉の力への信仰と絶望-ポリティカル・コレクトネス問題に即して
  • 「テレビの言葉」-報道の現場で"踊る"言葉たち
  • 法律における「言葉」-立案作業の現場から
  • 民主政治と日本語
  • 言葉が人を動かすのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言葉は社会を動かすか
著作者等 松永 澄夫
書名ヨミ コトバ ワ シャカイ オ ウゴカスカ
出版元 東信堂
刊行年月 2009.12
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88713-953-4
NCID BB00562646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21699568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想