医学と文学の交差点

大平整爾 著

[目次]

  • 第1章 医学と文学の散歩道(生と死を見つめる-この連載をはじめるにあたって
  • 感謝の気持ち
  • 愛することと愛されること
  • 生きる力の源
  • 事象を通じて何を見るのか ほか)
  • 第2章 言葉のもつ面白さと難しさ(蛙は一匹か複数か
  • リンカーンのお悔やみ文
  • 医療者が患者への説明に用いる用語-難解で曖昧さに辟易する患者たち
  • 患者さんからの言葉
  • 医学書の売れ行き ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学と文学の交差点
著作者等 大平 整爾
書名ヨミ イガク ト ブンガク ノ コウサテン : キタグニ ノ ゲカイ ノ ヒトリゴト
書名別名 北国の外科医の独り言

Igaku to bungaku no kosaten
出版元 先端医学社
刊行年月 2009.12
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88407-598-9
NCID BB00561304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21701385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想