縄文集落の考古学

瀬口眞司 著

[目次]

  • 第1部 西日本縄文集落研究の意義(西日本縄文集落研究の課題
  • 本書の構成と意義)
  • 第2部 関西地方の縄文遺跡の特色(各時期の様相と人口に関する事例研究
  • 遺跡分布に関する事例研究
  • 関西地方の縄文遺跡の特色)
  • 第3部 遺跡と遺構から見た集落と資源利用(定住集落の成立過程
  • 集落景観の変化と地域的差異)
  • 第4部 遺物から見た集落と資源利用(石器組成
  • 漁撈関連遺物
  • 打製石斧と磨製石斧)
  • 第5部 関西地方における定住集落の成立と展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文集落の考古学
著作者等 瀬口 眞司
書名ヨミ ジョウモン シュウラク ノ コウコガク : ニシニホン ニ オケル テイジュウ シュウラク ノ セイリツ ト テンカイ
書名別名 西日本における定住集落の成立と展開
出版元 昭和堂
刊行年月 2009.12
ページ数 367p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-0951-6
NCID BB00557373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21690405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想