この一冊でわかる日本の名作

本と読書の会 編

日本文学の金字塔30編の新たな魅力が発見できる一冊。感動のエッセンスをちりばめたあらすじと、人物相関図や地図など、ひと目でわかる充実の図説で、「物語の世界」を再現している。読んだことのある人もない人も、日本文学のおもしろさを再認識させられるに違いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「斜陽」太宰治-没落した華族の娘かず子が選んだ人生
  • 「人間失格」太宰治-自殺を繰り返した末、脳病院に入れられる自分
  • 「こころ」夏目漱石-親友を自殺に追いやった「先生」の苦悩
  • 「それから」夏目漱石-社会の規範に背いて友人の妻に恋した男は…
  • 「羅生門」芥川龍之介-生きるためには手段を選ばない人間のエゴイズム
  • 「薮の中」芥川龍之介-薮の中の死骸をめぐって食い違う人々の証言とその真相
  • 「舞姫」森鴎外-自我の目覚めと挫折を描く、国境を越えた悲恋の物語
  • 「暗夜行路」志賀直哉-愛を求めた孤独な心は自然の中に平安を見出す
  • 「城の崎にて」志賀直哉-散歩の途中で見つめた生と死の狭間
  • 「友情」武者小路実篤-恋愛に破れ友人までも失った青年の悲痛〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 この一冊でわかる日本の名作
著作者等 本と読書の会
書名ヨミ コノ 1サツ デ ワカル ニホン ノ メイサク
シリーズ名 知の強化書 SC-002
出版元 青春出版社
刊行年月 2010.1
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-413-10956-7
NCID BB00546264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21696324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想